自律神経失調症とヨーガ


自律神経は、生体の意思とは無関係に、内臓、血液の機能などを自動的に調整する神経系で、不随意神経系ともいわれます。

交感神経と副交感神経からなります。

このバランスが崩れますと自律神経失調症の症状が出始め、たとえば、肩こり、頭痛、便秘、下痢、動悸、冷え、のぼせなどの症状を招いてしまいます。



日中忙しく働いているときは、交感神経優位でありますが、強いストレスや、長期的に交感神経の時間が続くと、上手に交感神経と副交感神経のバランスが取れなくなり、交感神経が続いたまま、例えば夜を迎えて、眠れないなどの状態を引き起こしてしまいます。


この自律神経は、呼吸で、調和、バランスが図れるものです。

深い呼吸を1分間することで、お薬1錠分と同じ効果が得られると思っていただいて良いと思います。


悩みや心配ごとがあったり、忙しく一つのことに夢中になっていたりすると、人は呼吸が浅くなったり、呼吸を少しの間止めてしまったりもしてしまいます。

深い呼吸を意識することによって、自律神経の調和が保てるようになります。



例えば、便秘の方も普段から、交感神経が優位になり、体がリラックスできてないために、起こります。

人間はリラックスしている時に、涙、鼻水、便意などをいろんなものを出す力が出てくるのです。

ヨガをし始めると、お手洗いに行きたくなるのは、副交感神経が優位になった証拠です。



呼吸が乱れて浅くなると、なかなか深い呼吸に自分で戻すのは難しくなってきますので、

普段から、ヨーガなどで深い呼吸をすることを心がけておくことをお勧めします。


電車の移動中など、ちょっとした瞬間に意識するだけでも大分違ってきます。

呼吸は24時間してますので、いつでも呼吸を意識して深くすることを覚えていくと自律神経の調和はもちろん、呼吸はすべてもバランスにつながってきますので、人生のコントロールにまで作用していきます。

季節の変わり目などは、特に自律神経のバランスが崩れやすくなりますので、深い呼吸で、しっかり自律神経のバランスを図られてください。

満たされぬ思い

桜吹雪が心地よい今日この頃です


近所の桜は、5種類くらいかな・・いまちょうど綺麗に咲いているものもあります。

八重桜も蕾を膨らませ、開花し始めました


花鳥風月
花や、鳥を愛でながら、自然とともに毎日、生命の息吹を強く感じられる今があります。




今まで、世界中を旅してまわって、沢山の感動する素晴らしい景色をみてきましたが、
朝、公園を散歩している、今の景色がどこよりも綺麗だなと、実感してしまいました。


どこか遠い所に行かなくても、目の前のことをありのままに感じると、心が自然と満たされてきます。



いつも、何となく満たされないような思いがあって、なんとなくいっぱい食べてしまったり、どこかに行きたくなったりするときもあります。

そのような思いはストレス度合いを知らぬ間に強めてしまいます

満たされない思いは、「今を有り難いと思えない」心が引き寄せます。




「最近、幸せすぎて、怖いくらいです」言っている方がいました。


幸せは、遠くにあるのではなく、今ここにあるもので、怖がる必要もなく、それが本来の状態です


ヨーガが日常になってくると、サットヴァ(善性)の想いが強まります

まわりの人や、環境に感謝の心が自然とあふれ出ているようで、その方から善性を感じました。


たった今、自分が大きな幸せに包まれていると、知足、満たされていると、まずは想像でいいので感じてみてください。

人は自分が思った通りの人になっていきます

そして信頼して、そのように生きていくと、そのようになっていくことをどんどん見せられてくるので、自然と信頼できるようにもなってきます。



人生、自然とすべて、フィードバックしています。自分が発したものが、すべて帰ってくるのです。



人生、いろんな波もありますが、確実にすべてが調和されやすくなってくるのを感じております。






アンチエイジングとヨーガ療法


美しさ、若さは女性にとっても聞き逃せない話ですね

外見だけではなく、体の内側からも綺麗に美しくありありたいものです

昔のヨーガ行者さんは 200歳300歳まで生きていたというお話もありますので、ヨーガはもともと
超アンチエイジングになっています


アンチエイジングには、成長ホルモンの分泌が必要不可欠です。
副腎で作られる大部分のホルモンの源の重要な、50種類以上のマザーホルモンは、

免疫力の維持

細胞の再生能力

肌の張り、若々しさの維持、

性ホルモンの安定

抗うつ等の

様々な良い効果を発揮します



主要なアンチエイジングホルモンとしては、メラトニン、 成長ホルモン、皆さんも一度は耳にしたことのあると思います。

メラトニンンは眠りを誘うホルモンで、随時、セロトニンに変えられていく重要のホルモンでもあります。

よく、美肌には夜の睡眠を10時から2時までは寝た方がいいというのはこの時間に成長ホルモンが促されるからです

夜の暗がりでの睡眠は、新陳代謝を活性化し、肌に張りやツヤを出します。

更年期障害の改善、疲労回復が早くなり、血圧安定、性的機能の改善、視力向上、骨粗しょう症予防、免疫力向上、白髪の改善とまさに若返りホルモンです。

それから、成長ホルモンには強力な脂肪分解作用もあります。



成長ホルモンを促すには、体を動かすことが大事ですが、ただストレッチのように体を伸ばすだけでは効果は期待できません。

筋力を使う アイソメトリック(押しあったり、ひっぱたり負荷をかける)な動きが成長ホルモンを良く促します。

激しい運度を行わなくても、むしろ激しい動きをする必要はなく、力がない女性や、お年を召した方にも簡単に行え、しっかり成長ホルモンが促されるのです。

 リズムを伴う運動、例えば、ウォーキングや腹式呼吸も有効です。


ヨーガセラピーは、しっかり負荷をかけるような動きを沢山取り入れて、リズム運動にもなっています。


ヨーガでアンチエイジングホルモンを沢山促していきましょう



そして、ヨーガ療法はフリーラジカルや活性酸素の除去にも役立ちます。

フリーラジカルは、例えば、ストレス、紫外線、放射線、たばこが要因で発生すると言われていますが、実際にチエノブイリで被曝された方へのヨーガ療法の支援で、活性酸素の数値が減るという効果が出ています。

これは、抗酸化力が上がり、まさしく老化にも有効でアンチエイジングそのものです。





外側からいろんなものを塗ってみたり、サプリメントを取ったりと外側からのことばかり、私たちは何かをしたくなるのですが、

まずは、内側からの力、自然治癒力、デトックスする力を最大限に引き出すことが、本当の美しさにつながります。

体はもちろんですが、瞑想でも心のあり方、心の柔軟性も高めて、心からも美しい人を目指してくださいね



たっぷりと、まずは自分を愛して、愛される、美しい人になってくださいね~