はじめから自由



紫陽花は土の性質によって、青い色は赤い色などきれいな色で私たちを魅了させてくれますね、

いわば七変化のように、場所によって色がさまざまに変化してきれいです。



私たちの心も、変わりゆく毎日の中で、いろんな想いや感情など、常に変わっていきます。

周りの環境や、状況など、外の世界で心の変化が生じるときもあれば、何もないのに、何となく心が落ち込むという時もあります。

ってことは、環境や、状況だけで心が変わるのではなくて、本来いつでも自由に自分の心は変えることができるのではないかと思うのです。


私たちは、どんな状況であろうと、ある意味、自由自在、とても自由に七変化のように自分の心をどんな思いにも変えることは可能だと思うのです。


はじめからどれだけ自由なのだろうと思います。


私たちは、はじめから、自由だったのです。


あまりに自由すぎるので、時には良くないことまで考えてしまうありさま。


自分の心が、何を考えてどんな感情なのか、何と心が、繋がって(ヨガ)いるのか、よく日頃からチェックすることは大事。


環境や、状況に関係なく、私たちは、幸せな気分でいることは本来可能なはず


自分がこうなったら幸せだな~と思う状況を想い浮かべて、その時の自分の心がどんな気持ちだったのか、一度みてみてください。



たぶん自然に感謝の気持ちが心の底から出てきたり、心が満たされているようなとても幸せな気分だったと思います。


でも、それはそんな状況や、環境にならなくても、その気持ちになることは本来この自由な心なので可能だと思うのです。



心一つの置きどころで、幸せにも、不幸せにも自分をすることができる。



わたしも、よく どんなおいしいものを次は食べようかな~と美味しいものと心がよく繋がってたりします


そして、たまに無意味に寂しい気持ちとつながったりするときもあります

それはそれで、いろんなことが気づける場合もあるので、いいのですが


いたずらに不幸せな気分になることもないと思うので、そんな時は


あっ もったいない!こんな心とつながってる場合じゃなかったと、気づくようにしてます



本来自由なこころを、もっと自由に・・


本来の、たのしさ、やすらぎ、しあわせ、そんなことでこころをいっぱいにしてみましょう~

癖になってくればしめたものです・・


YIC(ヨーガ教師養成講座) 埼玉説明会のご案内

インド五千年の智慧を伝える ヨーガ教師養成講座のご案内
YIC(ヨーガ教師養成講座) 埼玉説明会
現在、世界的にヨーガ療法が普及しているのも、ストレスに上手に対処する方法をインド・五千年の智慧ヨーガが私たちに伝えてくれているからです。私たちは学生時代のストレスから始まって、職場のストレス、人間関係のストレス、子育てのストレス等々、多くのストレスにさらされて、この一生を生きて行かねばなりません。
sVYASA(スワミ・ヴィヴェーカナンダ・ヨーガ研究財団。インドにおいてヨーガ教師養成並びに、ヨーガ療法士養成機関として認定されているインド国内機関の内の一つです)と20 年にわたって協力してストレス・マネージメント法としてのヨーガ療法を普及してきている木村慧心氏を三郷市に招いて、ヨーガ教師養成講座開催説明会を開きます。ストレス社会の中でも力強く自立して生きて行けるヨーガの智慧の活用法が学べます。日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士資格取得の機会も与えられます。またとないこの機会を逃さずにご参加ください。ヨーガの智慧を活用して人々の健康増進に寄与したい方々は勿論、ストレスに強くなりたい人、ヨーガの実習者、心身症の患者さん等、家庭や職場で忙しく暮らしている方々が手軽にできるヨーガの智慧の活用法をお伝えします。皆さんお誘い合わせの上、お出かけください。

開催日 : 2012 年6 月30 日(土)午後7 時00 分~8 時30 分

場 所 : 緑の風 福祉会 (埼玉県三郷市半田1212-2)  武蔵野線 新三郷駅 徒歩5分
          (問い合わせ 吉沢 080-1290-7909)

参加費 : 無料

演 題 : 「心と体の健康法:インド五千年の智慧に学ぶ」


講演者 : 木 村 慧 心(けいしん)
1947年 群馬県前橋市生まれ。1969年 東京教育大学理学部卒業後、京都大学にて宗教哲学を、インドのカイバルヤダーマ・ヨーガ大学にてヨーガ・セラピーを学ぶ。現在、ヨーガや内観法をもとにヨーガ療法士養成講座等の研修会、講演活動等に従事。鳥取県米子市在住
○(社)日本ヨーガ療法学会理事長 ○日本アーユルヴェーダ学会理事
○(社)日本統合医療学会理事 ○日本ヨーガ・ニケタン代表 ○米子内観研修所所長


*尚、同会場では説明会の前にヨーガ療法体験実習(有料)も行いますので、お時間のある方は
是非ご参加下さい。
【ヨーガ療法体験実習】
ヨーガ・スートラ(聖典勉強会) 午後4 時30 分~5 時30 分 参加費1000 円
ラージャ・ヨーガ (実技指導) 午後5 時30 分~6 時30 分 参加費1000 円

*参加費は当日会場でお支払いください
【申込・連絡先】日本ヨーガ・ニケタン東京支部
FAX 042-792-3531 メール:fvgp3351@nifty.com


参加希望の方は上記連絡先にFAX 又はメールでご一報ください。
氏名:
住所:〒
 電話:
ヨーガ療法体験実習(ヨーガ・スートラ) 参加する 参加しない (どちらかに○)
(ラージャ・ヨーガ) 参加する 参加しない (どちらかに○)

更年期障害とヨーガ

更年期障害の兆候として、月経の乱れがあります。減少したエストロゲンもっと分泌しようと脳下垂体から指令が出るために月に2回生理が来たり、長く続いたりとしながら閉経を迎えていきますが、月経が乱れる頃から現れるのが更年期障害です。

 日本人の平均閉経年齢は51歳、エストロゲンの減少で更年期障害が引き起こされます。

 
早発症状はのぼせ、ほてり、冷え症、発汗異常、動悸、めまい、うつ状態、イライラ感、不眠、頭痛、手足のしびれなど

遅発症状は性交痛、尿道炎、尿失禁、肥満、腰痛、肩こり、骨粗鬆症、動脈硬化症などがあります。

更年期障害は、女性だけではなく、男性にもあらわれます。初期症状は、尿の出が悪くなったり、近くなったりします。男性は前立腺肥大の症状が出たり、メニエール、頭痛、倦怠感などがあります。

一生のうちに出るホルモンは切手一枚分と言います。そんな微量のホルモンが体にとても影響することに驚かされます。



エストロゲンの減少で様々な症状がでますが、ヨーガを行うとこの女性ホルモン、エストロゲンが増えるというデータがあります。


深い呼吸で、自律神経を整えることが、ホルモンバランスにもつながってきます。

骨粗鬆症は運動をすると負荷がかかり、骨が鍛えられますので、ヨーガで行うアイソメトリックはとても効果を期待できると思われます。

更年期は、心の問題と今までの人生の生き方が反映されるといいます。



心の柔軟性や心の静けさをヨーガで養い、ストレスを上手に開放してあげてください

心が静かな時は私たちは大きな安らぎなのです。
ヨーガを日常にすると、善性という思いが高まってきます。


ヨーガとは上手に生きる手法です。

常日頃、不足の思いを減らし、感謝と満足の心で、喜びを見出しながら生活ができますように

体と心とゆっくりメンテナンスをしながら、楽しい日常をあみだしていきましょう。

~上手に生きる手法~

毎日、何気なく、過ぎてさりゆく、日常だけれども、



やり直すことができない 一瞬、一瞬が、かけがえのない、大切な時です



本当の自分の心の声を聞こうとせずに、うやむやにしながら、




ほとんどの人が、忙しい日々に、心をうばわれて、毎日が過ぎていきます




自分が本当は何を望んでいるのか、




心の中の感情や、かっとう、人間関係をなんとなく、置き去りにしたまま




むしろ、そこから遠ざかるようにして、人は生きています。




いろんなことに、心をふりまわされて、体調をくずしてしまうこともあります。





ヨーガは、エクササイズや体の健康だけではなく




心のもち方(心の科学)、生き方、伝承医学、様々な要素があります




ヨーガとは 上手に生きる手法ともいえます




生きる知恵の宝庫、源でもあります





心の内側の声を聞いて、




もっと自分に優しく





すべてのことと、大切に向き合う事ができる





なりたい自分に、なっていく






そして、本当のあなたに出会っていく術でもあります





生活環境、性格、それぞれに様々ですが、




今のあなたの人生に合わせた調和が得られるように






もっと楽に、楽しく、リラックスして 健やかな毎日を・・





もっともあなたらしい人生を




一歩ずつ 歩んでいけますように・・




そして 本当の自分に出会っていけますように・・


                                   


姿勢とヨーガ

悪い姿勢は、人に与える印象も悪く、自分自身の身体にもよくありませんね。

姿勢はその人の心にまで影響を及ぼしてきます。

体を動かすことから、心をコントロールしていくことは可能です。

例えば、パソコンやゲーム、携帯電話などで下をばかり向いている動作ばかりしていますと、人は気分は落ち込んで来るようになっているようです。

逆に、空を見上げるような、上を向く動作は人をポジティブな気分へと変えてくれるます。



もし気分が落ちてきたら上を向く動作を増やしてあげるといいですね。

猫背は内臓の位置の偏り、僧帽筋や脊柱起立筋群に負荷がかかり、頭痛や肩こりの原因にもなります。

腹筋と背筋の力を使って、気が付いたらまっすぐ腰を立てて、正面を見て背筋を伸ばすように心掛けてみてください。

そして椅子に座るときなどは、腰を背もたれの奥にきっちりつけて、まっすぐに座りましょう

段々と腹筋背筋も付いていきます。


悩みがある時は、体を動かすと、心もスッキリしてきます。


心の安定が体の健やかさにも密接に繋がってきます。


ヨーガのアーサナで気持ちよく身体を動かしながら、しっかり筋肉も付けて、姿勢も良くしてみてください

姿勢が、心の状態に影響することを、今一度、思い出していただいて、気づいたら背筋を伸ばしてみてください、きっと心もシャキッとしてくるはずです。

6月12日火曜日 変更のお知らせ

6月12日 火曜日は、市民センターではなく、セラピールームでの開催になります。



マタニティヨーガ 9:30~  

ヨーガセラピー10:45~になります。



どうぞ宜しくお願いします

6月の瞑想


    『逆境は恩寵であり 不遇は試練である』


人生で、逆境と思える時こそ進化の為のチャンスであり、誰も相手にしてくれない不遇の時こそ充電のための試練だと言う教えです。

逆境は恵みであり、成長できるチャンスでもあり、不遇は充電の時であって素敵な試練でもある

逆境や、不遇に心乱されず、むしろチャンスなのです。




~瞑想のお題~


☆  大変な逆境の中から、自分が進化できた体験を・・・


☆  不遇と思える時であっても、しっかり充電できた体験を・・



伝統的な、ラージャヨーガでは、自分を調べる瞑想、気づきをもたらす心のアーサナも大切にします。

毎月いろんなお題で心の柔軟性を高めて、生きやすい人生の糧とします。

毎回クラスで行う瞑想の参考にしてください