春の暮らし方


大地から、沢山の命が芽吹き、キラキラしてとても眩しい今日この頃です


今日はアーユルヴェーダ的な春の過ごし方の紹介です。アーユルヴェーダは生活の科学ともいわれ、古くからヨーガ行者の生活に活かされたものでした。

私たちもヨーガをする身としては、ある意味ヨーガ行者です(^-^)折角ですので取り入れない手はないですね!


冬に美味しいものをたっぷり頂いてしまった人は、春には、鼻水、かゆみ、だるさが増してきます。
アーユルベーダ(生命の科学)では春は、カパが優勢


いつもこの時期になると、私自身も気をつけていないと、胃腸の調子がすぐに悪くなり、鼻水、体のかゆみに悩まされ、体は本当に正直だなとつくづく感じております



消化力が落ちるこの季節、消化時間の悪い朝の時間体は、あまり食べない方が良いですね。

普段の生活の不定愁訴は、ほとんどが食べすぎから来ていると私は思います。

冷たいものも消化力が落ちるので、避けた方が無難です

この時期は、甘いもの、しょっぱい物を減らして、辛み、苦みのあるものを食すとアーユルヴェーダでいうところのカファが抑えられます。

春に育ってくる食物は、それを考えてくれているのかわかりませんが、山菜などの旬な物はそれにあたります。

旬な物を食べていれば大丈夫です。


昼寝は、体がだるくなるので禁物。この時期は特に毎日の軽い運動をすることをお勧めします

体が疲れるほどの運動よりも、軽い運動の方がこの時期は特に体には良いですね


春は強い風が吹く日が多いです。
早く薄着になりたいところですが、この時期は暖かい格好でどうぞお過ごしてください



一度、この春に、ご自分の生活習慣を改めてみましょう

どうぞ、健やかな毎日が過ごせますように☆

自分に優しい、毎日を~~

セルフケアの達人に・・

そろそろ、だんだんと、外側からの物ばかりから何か補おうことに疑問を感じてきた方も多いのではないでしょうか?


様々な、病院、施設、サプリメントや、健康に良いと言われる食べ物、ダイエットグッツ、占いなどなど・・・といろんなことを試して、ようやくヨガに辿りついた



本来、心身の不調は、自分自身で治癒できるものです


セルフケア、セルフキュア(癒し)とは何でしょうか?


自分のことを良くわかることが、セルフケアの第一歩です


ヨーガは外に向いていた意識を自分自身に向けて、自分の体の声に耳をすませ、ご自身とゆっくり対話する時間です


何か、誰かに頼らなくても、自分を良く知り、セルフケアすることが一番の特効薬です


身体は、物ではないので、この薬を飲んだから、効く、このサプリメント取ったから有効とそんな簡単な話ではないのが実情です。


それで治るのなら、今頃すべての人が健康なはずです



体と心は繋がってきます


もっと、人間をホリスティックに考え、もっと根本的な深いところから変えていかなければ本来の健やかさは、なかなか取り戻すことは難しいのものです。



私の願いは、皆さんにセルフケア、セルフマネージメントの達人になってほしいという事です。


いずれは、ご自身だけで、上手に自分を癒すことができるような人になってほしいなと思っています。


ほとんどの、心身の不調は、ご自身で作ってしまう事が多いです

だから、本来、自分で治す、治癒することは可能という事です


どうか、セルフケアの達人をめざして、ヨーガな毎日をお送りくださいますように・・