上手に休むこと 本当に休んでいますか?

休みの日は、どこかに出かけたり、家でゆっくりしたりと、お休みの日の過ごし方は人それそれにいろいろあると思いますが・・


今日は上手な自分の休ませ方について少しお話します


実際  「体とこころを本当に休ませるという事」

ができているのかなと考えた時に、案外休んでいない可能性があります


例えば、たまの旅行は気分をリフレッシュさせて良いですが、知らない土地にいくことは少しストレスであったりもします

買い物なんかも楽しいですが、時折、人ごみの中に入っていく窮屈さを感じたりと・・

かといって、家でのんびり何もしないと体が逆に固まってくるような疲れる場合もある

休むつもりが反対に、余計疲れて、なかなか疲れが取れないことってありますよね・・


本当に、休んで疲れを取るという事は実際は難しいことなのかもしれませんね



では、本当に、からだとこころを休ませたいと思ったら、どうしたらよいのか?


それは


「何も考えない時間を作ること」 です


これは、人間は考えることがデフォルトなので、難しいのですが、強制的に

意識を「いま」に戻すと案外簡単にできる技でもあります。


普段、実際に皆さんがお教室で行っていることなのですが、


日常でも簡単にできる事は

例えば信号待ちの時などには、上を向いて一瞬、空を仰ぐことはいいことです

ふと、思考と思考の間にスペースできます。


例えばスーパーの買い物でレジ袋に物を入れるとき、たまに身体全体に意識を向けてみて、自分が例えば、どこに体重が一番かかって立っているのか?という事に意識を向けたり


仕事の合間に、少し目を閉じて、呼吸を感じてみるのも良い方法です。


ひとは、何もしないで休むという事は実際に難しいので、生活の一瞬一瞬にこのように使ってあげるのも良いです


お時間がある方は、ヨガで、身体を動かしながら、脳をリフレッシュできますので、とってもおすすめです


上手に休むことは、エネルギーの充電になり、幸せに生きる源になります


そして、あなたが健やかに生きる事は世界みんなのしあわせにもつながります



上手に、休むこと、今日からぜひ取り入れてみてください


 

運のいい人に

今月の瞑想のお題にもありますが

自分の運命や人生は

その人の「心の働かせ方」次第でいくらでも変わっていきます


心が変われば、態度や、行動や習慣が変わっていくのは当然で、また、自分の性格や人格だって変わっていくものです。


運のいい人、悪い人、なんて言葉をよく聞きますが、その「運」を上手にキャッチできるかはどうかはその人の「心の働かせ方」で決まるということにもつながると思います

そして、不運にならないような、考え方や行動ができるということにもなります


実際に「運」というものは自分で引き寄せているとうことにもなるのではないでしょうか


では、運のいい人になるにはどうすればよいのでしょう?


これは必ず必要だなと思う事は、


「自分を大切にできる人」です


これにつきると思います。


自分を大切にすると言う事は普段できているようでいて、実は難しいことなのかもしれません


例えば、自分には、やっぱり出来ないと決めつけ、私はダメだというような自己肯定感の低いひと

自分の気持ちと上手く付き合えずに、自分と向き合えない人

気持ちが、外へ外へと向いていて、人に振り回されてしまうひと


このような人は自分を大切にしてないという傾向そのものです。


「自分を大切にする」とは、まずは、他人の意見に流されずに、自分の意思しっかり持つことが大切です


自分を大切にできる人は、常に自分に気持ち良い行動や態度で過ごせる、自分のことが好きな人です。


自分を大切にする人は、自分を信じ、自分をしっかりと肯定出来ている人です



そういう人には、運も付いてくるのです



時には、そのように過ごせない時や、人生にはいろんなことが起こってくるもので、全て上手くいくという事は叶わずとも

その時の心の働かせ方次第で、方向転換はいくらでも可能だと思うのです。


上手に、自分にツキを運べる、運の良い人になれるのかどうかは、


あなたが

「自分を大切にして生きているかどうか次第」ということ


たった今から、自分を粗末にせずに

自分を大事にして、本当の意味での「ご自愛」をして過ごせますように