人や自分を上手に癒す人生のセラピスト

養成講座の補足として記事を載せましたので、ここでもシェアさせていただきますね

★★人生のセラピストについて・・  生まれてから死ぬまでの心身のケア★★

人は生まれてから死ぬまで、否応なく、自分の体と一生付き合うことになります、いかに心と体の健康は大事であるかといことは、いろんな側面から通関させられながら生きていく私達であります。
体が健康な人であっても、老いのことや、自分が最後どのように迎えるかなど、人生をどのように全うすることができるのか考えさせられる場面にも幾度か遭遇することもあると思います。

生老病死からまぬがれぬ事が出来ない私達でありますが、それでも、いかに幸せに健やかに生きて、より良い人生を全うすることは誰にでも叶うことだと思うのです。

ヨーガセラピーの習得は、体のケアという呼吸法やヨガの動き、または瞑想など、ご自身で出来るようにという目的でもありますが、身体のケアを根本的に行うということは、まずはご自身の体や心、生活全般や社会的側面など様々な角度からご自身をよく理解していく事は最も大切です。ですが、私達は自分という存在がどういうものなのか全く知らないでほとんどの人が人生を過ごしていきます。


また、病気を治すこと、身体をより健康にすることだけに限らずに、生徒さん、または周りの方へ(もちろん自分も)の不安や葛藤など心のケアをして行くには、ご自身で自分をよく知っていくことが必要不可欠な事です。

私も長年ヨガを皆さんと行っていく中で、実際、ヨガのポーズをいかに安全に効果的にお伝えすることも、もちろん大切であります(実際、体や心を、今現在不自由にしている方にとってはヨガの動きをすることさえも困難な時もあります)が、
しかしそれ以上に、いかに目の前にいる人の、心の不安、葛藤や悩みに寄り添い、例えば、その方の病に関する心の恐怖心を取り去ることや、安心感をあたえられるようにしていくこと、そのままのありのままの自分で本当は良かったという事に気づいてもらう事は最も大切なことだなと思います。


「安らぎの中で幸せに生きていく」、これはすべての人にとって一番大切なことだと実感します。


何か大きな出来事がなくとも、生きていくこと自体が様々なことに振り回される私達でありますので、誰にとっても心と体のケアは大切です。

それには、体を動かせる方には、まずは体を使って心を整えていく方法や、体を使わなくても人生の生きる知恵として、その方の支えになっていく方法など、いろんな角度からあなたの周りにいる人のケアをヨガではできます。

ポーズや、筋肉、柔軟性など、体だけを重要視せずに、是非、ホリスティックなところから、根本的な治癒を目指し、人やもちろん自分を上手に癒せる人生のセラピストなれるよう願っております。綺麗なポーズをとったから決して健康になったり美しくなるわけではないので綺麗なポーズを取ることはそのあとあとのことでも良いと思います。

本来の健康医学は、心身医学を前提にした、人を丸ごとケアしていくことが重要です。
そのためのヨガの良い面を、生活に活かせるように上手に習得されて頂ければと思います。きっと、いろんな気付きがもたらされ、心身や人生の変容につながっていくことでしょう。