母になりたいあなたへ そして人生一生、母の道・・

「妊活」という言葉がメディアで使われるようになりました

いつの時代も、母になるという選択はすべての女性の大きな人生の岐路

私のヨガのクラスは妊娠を希望する方が多いですし、実際に妊娠された方は大勢おります。
そして、妊娠する力を上げる効果としては、私が見てきているヨガの効果の中で上位に上がるのではと思うぐらいです。
 そのあとマタニティから、産後へとみなさんの人生と共に歩んでいるようで、私もうれしい限りです。


お子さんはもう大きいのですか?とよく聞かれます、いないんですよ~と言うと、申し訳ないような感じで気を使わせてしまい逆に申し訳ないと思う所ですが、私自身は今現在、子供はおりません。私も40歳一歩手前のところにいるので、通常では子供を産むか産まないかの選択の中、ここ数年いるのかもしれません。

振り返ると、子供が欲しい時期もありました、動物としての本能は強くそうさせるのを感じました。

けれど、中学生の頃からか、なんとなく子供は基本的に私の人生には必要ないとも思って居りました。

子供は本当にかわいいです。
多分だから望まないのかなと実感します。こんな愛しいものが近くにいたら、強い依存と執着する自分がありありと見えるからです。


 もちろん、自分の子供との生活は、幸せそのものでもあると思います

がそれ以上に大変なことの方が遥かに大きいのではとも思っています。

今まさに子育てに奮闘中の世の中の全てのお母さんは本当に尊敬する存在です。


私自身は、以前から、子供は作る(自分でコントロールする)と言うよりかは、授かりものという認識でおりました。

希望するしないにかかわらず、これぞ、神のみぞ知る世界のこと。だからお任せしたいと思っています。

けれど、ほとんどの人にとって、子を育てたいという大きな本能に突き動かされて、時に大きく悩む時もあるでしょう。


そしてもちろん、希望する方の為には、どんなことをしても授かってほしいといつも願っています。
そのために、できる事ならどんな観点からでも見直し、できることは何でもした方が良いと思っております。
心から応援したいのです。


けれど、全ての人にとって、自分の子を育てるという事は人生の選択技の本の一つの事だと、認知することもできるはずです。

子を授かり、育てていくことだけが人生の全てではもちろんないという事。

人間は衣食住を基本に子を育てていく事が、人生の大本とは受け取れる面が多々ありますが

実際は人生の選択技の一つでしかありません。


もしかしたら、いつか授からない事を受け入れる選択はおとずれるかもしれない


でも、そんな時は、あなたは、もしかしたら本当はラッキーなのかもしれない

だって、世の中のすべての大きな母になると言う権利が一つ与えられた事にもなるから

自分のお腹から出てきた子供だけが、あなたの子供だとは限らないと私は思っています。

それは、さまざまな方法で、選択できると思うのです。

例えば、養子縁組の特集をで見るたびに、確かに様々な問題はあるとしても、素晴らしいと思います。

実際に、仕事や何かで、大勢の人を面倒を見たり、いろんなことで、あなたは、大きな母になることはいくらでもできる。これは、男性にも言えることで、大きな父になる事がいくらでもできる

そして、人を育てる事に限ったことではもちろんなく、何かを産む力は、多方面で考えられます。


「大きな母になる」


それは、未知なる世界で、沢山の希望にあふれています。


実際にそのような選択をしている方も大勢おります

そして何か大きなことと限ったことでもなく、ほんの小さなことで一瞬、一瞬のことで良いのです

実際、自分の子育てが終わったお母さま、お父さまも、まだまだこれから、一生死ぬまで大きな母になり続ける作業がいろんなところで待っております。


大きな父、母に、日々なれるよう

私自身も精進してまいります



※この文章を読んで気分が悪くなられた方がいたらごめんなさい。