さまざまなケースとの出会い・・

振り返れば、ヨガを始めたのは、ちょうど2000年頃から、はじめの4,5年はヨガを受けるだけの生活でしたが、インストラクターを経て、ヨーガ療法士になり、かれこれヨガ的な生活を10年以上、ヨガセラピストとしてのべ2万人以上、毎日いろんな人と出会い、いろんな体験をさせて頂き、様々なケースと遭遇してきました。


ヨガをする人の目的は10人いたら10人それぞれ


運動不足解消やダイエットで始める人

リラクゼーションや整体、ストレス発散などのリラックス系

女子力UP、不妊症、更年期障害など、女性の為のケア

妊娠中や受験生のお子さん、教育の一貫など子供の為のヨガ

不眠障害、うつ病、不安症、パニック障害などのメンタルヘルスケア 

頭痛、腰痛、肩こり、自律神経失調症など身体の疾患治療、改善

癌患者への緩和ケア、代替医療として

コーチングやそれぞれのプロの世界で活用できる、集中力、精神力を養うメンタルトレーニング

自己成長、感性を高めるなどスピリチュアル的な生活を目指すなど・・


そして、何年も続けながら、目的もまた変わっていくものです。

目的は違っても、それぞれの願う方向に向かっていき、一石二鳥、3チョウ、4チョウと、なっていくのがヨガセラピーの魅力でもあるのかもしれません。


私自身も身体のメンテナンスにヨガは欠かせません。

少し体調が悪い時に、ヨガをすると、すぐに体調が良くなります
呼吸法は、即効性もあり、副作用のない薬
いろんなことに振り回される心を、すぐ本質に引き戻せるので本当に使い勝手も良いです。
クオリティオフライフを下げずに、心の安定剤になり大変重宝しています。


リラクゼーション、運動、健康、美容、メンタルヘルス、教育、医療、自己啓発、スピリチュアルと幅が広く
いろんな分野で活用され、これからも可能性は広がっていくことを日々実感しております。